こねらん棒

アプローチ・パットは⾃宅で練習不⾜が補える︕

スコアメイクにはアプローチ・パットの重要性は充分承知はしてる。でも練習場で単価が同じならついつい飛ばしが優先してしまう。そんな練習不足のショートゲームが素振りだけでミスの消せる基本が習得できる こねらん棒が登場しました。
どんなセットポジションからでも、正しいストロークに導く矯正効果と、スイングバランスやグリップ位置に影響しない利点が、他に類がなく特許出願に至りました。

アプローチの欠点は自分では気づかないものです!

先ずご自身のスティックの曲がり度合をチェックください。
腰回りに沿って手元を大きく平行移動すれば自然と手打ちが納まり、体の回転に応じてボールが勝手に運ばれていくプロセスも解ってきます。

ミスが消せるアプローチとはフォローまでこの形の手首維持が重要です!

ハンドファースト(手元先行)はミスに強いのでプロが推奨してます。
極端なハンドファーストは難易度が高く、今はセンター寄りのセットアップから、高さ、スピン、距離出し等多才なショットが求められる時代です。
体の回転動作なら胸の正面に常に手元がある状態を保て、スティックが曲がらないスイングが実現します。ストロークの途中でボールを拾うから、ベアーや逆目、ラフまで体の回転トルクで運んでしまうそんな体得が養えます。

パッティングの悪癖も自分では判らない!

是非どんな症状があるか探ってください。こねらん棒は癖をストローク練習中に解消することが可能です。他にも素振りを繰返すうちにリード軸の強化など、理想な主軸腕が発見できます。業界初の練習法ですが、手首折れを矯正する過程で驚く程マルチに活躍してくれます。

インパクトが点から線になるから易しくなる!

アプローチは点から線になると、上記の範囲でボール位置を変えるだけで距離・高さが自在になります。 またフォローでフェース面が終始上を向けられるので、ボールを乗っけて運べるのです。こねらん棒が有ると必ず体が意識するので、習得が断然早いのではないでしょうか!

⾃宅やプレー直前練習の為に素早い脱着の⼯夫あり!

セカンドクラブではちょっと微妙なタッチが出ない︕是非ともエースクラブで脱着を繰返してください。
(初回の取付けでグリップの太さや、握り位置に合わせた調節が可能)

拘ったのは、普段のスイングバランスと重量が影響しないこと︕

・ショートゲームはグリップ位置も短かく握るので違和感なしでストロークできる。
・保管も巻状でキャディーバック携帯なら何処でも素早く着脱使用できる。
・プレー直前の反復練習が体が覚え、スコアメイクに直結するかもしれませんね!

品 名 ︓⼿⾸折れ解消スティック  TK-06AP   こねらん棒
材 質 :曲るワイヤー(アルミ+樹脂コーティングφ6㎜)・スティック(アルミ合⾦パイプφ7㎜×30㎝
⻑さ/重量︓アプローチ⽤ワイヤー50㎝(スティック含む) (33g) ・パター⽤ワイヤー70㎝(35g)太グリップ対応
     ・ キャップ(pvc)
     ◆アプローチとパター用 セット入り  ◆日本製
 

【ダフリ・トップを無くしたい方のアプローチ矯正】

練習レンジでは⾶ばしがメインでアプローチ練習の⾜りない⽅に朗報です。⾃宅の素振りだけで練習不⾜が補え、基本に沿った技術が磨けるこねらん棒が特許出願で登場しました。グリップ上部にセットポジションの度合に応じて角度変更できるスティックを取り付け、⼿⾸折れやしゃくり上げを⾒張ってくれます。アプローチは正⾯を向いたまま⼩⼿先で処理するとダフりやトップ、シャンクが出やすく、そんなスイングにはスティックが曲がって知らせます。だから曲げないようなストロークを⾒つけ出すために⾃宅の素振りで体に覚えさせます。
基本は腰回りに沿って⼿元を平⾏移動することです。重いヘッドは遅れてフェースがボールを乗っけて運んでくれます。体の開きは⼿元の移動に追随するので胸の三角形は維持されます。そんなハンドファーストこそがとても重要なんです。

【順回転の転がりを目指す方のパット矯正】

パットの⼿⾸折れも⾃分ではまず気づかないものです。ボールが跳ねて距離が合わない、⽅向が定まらない。そんな原因である⼿⾸折れを⾒つけ出すために、ワイヤーの先を腕に当てたり、離れた感触を体で感じる、正にその瞬間で解消しようしストロークを工夫するようになる。
また、主軸腕が合うとボールの転がりが驚く程安定します。左手で握るとリード軸は左腕、右手リードは右脇を締めたストローク矯正に役⽴ちます。
業界初の練習法ですが、手首折れを矯正する過程で驚く程マルチに活躍してくれるのがこねらん棒です。
パッティングも⾃宅で短時間でストロークができる素振りが効果的です。

【スコアメイクを目指す方の素早い取付け】

是⾮ともエースクラブで脱着を繰り返してほしいのです。その為に自宅練習で素早い脱着の工夫をしました。取付けは20秒程なので、スコアメイクを⽬指すならばコースクラブに付け替えで練習してください。⾯倒だから普段使わないクラブに着けたままでは、微妙なタッチが出ないのでは︖
何も着けない状態のヘッドバランスと重量が変わらない。
ショートゲームはグリップ位置も短かく握るので違和感なしでストロークできることに拘りました。